読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~今日もいい日~グリーンアドバイザーの幸せガーデニングブログ

新米ですが2015年からグリーンアドバイザーに。自宅で化学肥料や農薬を使わず実践するガーデニングを紹介しています。バラやハーブ、季節の花々を栽培。たまにアウトドアやコーヒーの話にもお付き合いください。

見て可愛い、食べてもオッケー、ボリジの育て方と利用について〜

ご覧いただき、ありがとうございます。


ボリジについて。
f:id:kyou-mo-iihi:20160418132911j:image

ボリジムラサキ科ボラゴ属の一年草です。
欧州南部(地中海沿岸)、北アフリカが原産地とされています。乾燥したところに広く分布しています。
草丈は20センチから大きいものでは100センチです。我が家では小さく20センチくらいです。毛がフサフサで卵形の葉とつぼみが可愛いやつです〜。花色はパープルががったブルーとホワイトの2種類。



植えつけ時期はまさに今!4月から6月の春と秋がいいですね。いまはちょうど他のハーブ類も多く出回る時期で数も豊富です。種子で育てる場合は秋まきの方が大きく丈夫な株になります。我が家では苗を3月に植えました。こぼれ種でよく増えるので毎年楽しめるのも嬉しいですね。種子は大きいほうです。


栽培にあたってのポイントは、まず日当たりいい所、水はけいい土、風通しいい所がベストです〜。
我が家は南向きのところ植えてあり、東は遮られる場所なので昼前から光が届く場所です。気をつけたほうがいいこととして、真夏の直射日光です。やばい、我が家は真夏の直射日光がめっちゃ当たるではないですか。。ボリジは根が直根性なので移植を嫌いますので、地植えをする際は注意してくださいね〜。ん〜、我が家は参りました。枯れないように願います。鉢植えにする場合は深い容器を選んでください。

開花は4月から9月くらいまでと半年くらいあります。花持ちは短いので、朝に開花を確認したら収穫してもいいと思います。

水やりは地中海沿岸の乾燥した地域に広く分布されている通り、乾燥を好みます。水のやりすぎには注意してくださいね。ラベンダーやローズマリーのような管理がいいと思います。

肥料は長くゆるーく効く有機肥料がオススメです。

病害虫の心配はいらないです。我が家に来て1ヶ月ほどですが、丈夫に育っています。

生長が進むと葉や茎も混んでくるので、蒸れないように、風通しを良くしてあげます。収穫かねてカットしてあげましょう。梅雨時期はよく見てあげてください〜。





そして、今度は。
収穫して利用するにあたり注意する点。

まず【妊娠されている方、また可能性のある方は食べない方がいい】とされています。

十分注意してください。

薬用として、体が丈夫で元気になるという強壮作用があり、咳止めや気管支炎などに効果があるとされています。

葉や花、茎にはキュウリの香りがあります。特に若い葉は、かなりキュウリです。ドライには向いてないので、天ぷらやサラダにしてもいいようです〜。
花も食べられます、エディブルフラワーです。飲み物、カクテルや炭酸水などに浮かべてもオシャレ。それから花は小さく可愛いので、ミントの葉などと製氷皿を使ってアイスキューブを作ってもこれからの暑い時期には楽しいですね。
サラダに散らしたり、ケーキに添えたり、色々できそうです〜。
前の記事にも書きましたが、僕はコーヒーに浮かべて飲んでみましたよ〜。



透き通るような花のボリジ、ぜひ見かけましたら育ててみてください。見て可愛い、食べてもオッケーです〜。


では、また。
ありがとうございました。


今日も幸せ感じるよい1日でありますように。