読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~今日もいい日~グリーンアドバイザーの幸せガーデニングブログ

新米ですが2015年からグリーンアドバイザーに。自宅で化学肥料や農薬を使わず実践するガーデニングを紹介しています。バラやハーブ、季節の花々を栽培。たまにアウトドアやコーヒーの話にもお付き合いください。

現在のバラの様子(2016/05/20)とバラの花がら摘みをしよう!

ご覧いただき、ありがとうございます。


バラの見頃も落ち着いてきましたね。
あ〜、早いな〜、終わっちゃうの。

今日のバラです。

f:id:kyou-mo-iihi:20160520091737j:image
↑ピエールドゥロンサール。
花も終ってくる頃で、ピンクが薄くなりました。

f:id:kyou-mo-iihi:20160520092010j:image



f:id:kyou-mo-iihi:20160520092131j:image
↑ルージュピエールドゥロンサール。
花は痛みもありますが、まだ元気です。ルージュはかなり花もち良いですよ!

f:id:kyou-mo-iihi:20160520092326j:image



f:id:kyou-mo-iihi:20160520092404j:image
↑キングローズ。房咲きで、房の中心から咲きます。中心の花は終わりましたが、まだ元気です。

f:id:kyou-mo-iihi:20160520092611j:image
この美しさ、まさにバラのキングや〜。




それで、今日はバラの花がら摘みのポイントを書きます。

剪定と違って簡単!


キングローズのような房咲きは、面倒だけど痛みがある1輪ずつ摘んでいき、最終的にはこのいの位置で。
f:id:kyou-mo-iihi:20160520093041j:image
↑この位置。
僕の指の位置の下に5枚葉がありますが、この5枚葉の上で切るのがポイント。キングローズは一季咲きですが、これが四季咲きだとしたら、ここから芽が出てまたつぼみを付けてくれるんです〜。

5枚葉というのはこういう葉。
f:id:kyou-mo-iihi:20160520093305j:image
↑葉が5枚あるので5枚葉。

f:id:kyou-mo-iihi:20160520093353j:image
↑コレは3枚葉。花の下が3枚葉になってることが多いです。



1輪咲きはこの位置でカッティング!
f:id:kyou-mo-iihi:20160520093502j:image
↑3枚葉の下、5枚葉の上で。




花がら摘みカッティング、いかがでしたか?とても簡単です。
きちんと行えば、病気も防げるし、四季咲きや返り咲きなら次の花に繋がる大事な作業。
ぜひ、やってあげて下さいね〜。



そういえば、ラナンキュラスがまたつぼみを付けてくれました〜。
嬉しいな〜。

f:id:kyou-mo-iihi:20160520094813j:image


f:id:kyou-mo-iihi:20160520094818j:image
ワイルドだろ〜、ワイルドストロベリーも今朝収穫してデザートに食べましたよ〜。甘酸っぱくて美味しい!




さぁ、今日も一日楽しんでいきましょう!
今日もいい日に〜



それでは、また。
ありがとうございました。