読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~今日もいい日~グリーンアドバイザーの幸せガーデニングブログ

新米ですが2015年からグリーンアドバイザーに。自宅で化学肥料や農薬を使わず実践するガーデニングを紹介しています。バラやハーブ、季節の花々を栽培。たまにアウトドアやコーヒーの話にもお付き合いください。

真っ赤なハートが盛りだくさんなシクラメン

おはようございます〜。
いいお天気な今日。

だけど、すんごい寒いですけど。
霜おりてました〜。

ご覧いただき、ありがとうございます〜。

やっとブログにも慣れてきました〜。
ブログ更新はアプリでやってるんですが、この何というか、アイコンがどういう項目になってるとか、いちいち忘れてしまったりします〜。
色々、設定とか、手をつけたいとこはありますが、のんびりいこうと思ってます〜。


さて、今日も自宅の花。

真っ赤に、しっとりした、なんかほっとけない可愛さのシクラメン
f:id:kyou-mo-iihi:20160117080814j:image

ガーデンシクラメン

晩秋から多く出回り、冬から春にかけて楽しめる、パンジー、ビオラプリムラと並ぶ人気花ですね〜。


ただのシクラメンと何が違うかというと、ガーデンの名の通り、屋外に向きます。
しかも、今の寒い冬の時期の寒さが平気。
室内におくタイプも耐寒性はありますが、ガーデンシクラメンは改良されて、更に耐寒性アップしました。

鉢も地植えもでき、日当たりの良いところが良いです〜。花つきが良くなります。

管理は簡単で、植える時は深く植えずに気持ち浅めに植えます。これは、シクラメンに限らず言えることですが、土が湿った状態が長く続くのがダメで、根を腐らせてしまうことを防ぐ為です〜。
特に、シクラメンは乾燥に強い花です〜。なので、その特性にあった植え方が浅めに植えるということです〜。
また水圧に弱いというのも聞いたことありますので、それを回避する意味もあるようです〜。

水やりは乾いたらあげること。1日2日くらい表面乾いたままでも大丈夫ですよ〜。
そして、水やりは午前中。鉢の場合、この寒い時期は夜に大量の水が残ることで凍ることがあり、これが根にダメージを与えてしまいます〜。あとはどの花にも言えますが、葉や花にブシャブシャかけないこと。葉を少し手で避けてあげて、水をあげて下さいね〜。


それから花持ちがすごく良いです〜。
しおれた花の花がら摘みは、花を摘むのではなく、茎の根元を持ち、クルリとひねって摘みます。

クルリと、これが結構気持ちいいですよ〜。



以上、簡単ですが、興味を持たれましたら、是非育ててみて下さい〜。



では、また。
長々とありがとうございました〜。