読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~今日もいい日~グリーンアドバイザーの幸せガーデニングブログ

新米ですが2015年からグリーンアドバイザーに。自宅で化学肥料や農薬を使わず実践するガーデニングを紹介しています。バラやハーブ、季節の花々を栽培。たまにアウトドアやコーヒーの話にもお付き合いください。

春を感じるとは、こういうことなのかもしれない

本日、立て続けての投稿です〜。
読んでくださりありがとうございます〜。

f:id:kyou-mo-iihi:20160115122210j:image

寒いですけど、やはり今シーズン2015〜2016冬は暖かいですね〜。

我が庭で、春を感じましたよ〜。
写真見てください。

チューリップなんですが、5mmほど、芽が出てます〜。

これ、グリーンアドバイザー風に言うと、【出芽】と言います。

土の表面にニョキっと出たら出芽。
種子が水を得て膨らみ、種皮を破り、幼根が伸び出したら、この時点が発芽といいます〜。

出芽と発芽、結構勘違いポイントです。僕もそうでしたが、出芽という言葉知らなかったということもあり、土から出た時が発芽と思ってました。

でも字を見て、納得ですね〜。


まぁ、堅苦しくなりましたが、【芽が出た〜】でいいと思います〜。


そんなこんなで、植物を育てていると、こういうことで季節を感じることができます〜。

今日は春を感じましたよ〜。



では、また。
ありがとうございました。